田原総一朗氏、五輪で感染拡大なら「菅内閣崩壊」と分析 党内の緊張感にも喝

ジャーナリストの田原総一朗氏が、五輪で感染が拡大すれば、菅内閣は崩壊につながると分析している。

2021/07/16 20:00

田原総一朗

ジャーナリストの田原総一朗氏が16日、自身の公式ブログを更新。1週間後に迫った東京オリンピックに関し、感染が拡大すれば内閣崩壊につながると指摘した。



 

■五輪で感染拡大すれば「確実に崩壊」

田原氏は「緊張感なき自民党議員たち、菅内閣は危機を乗り切れるのか」とのタイトルでブログを更新。まずは東京都議選の結果に触れると、来週に開会が迫った東京オリンピックに関し、「このコロナ下(原文ママ)で、オリンピックを敢行するということは、当然ながらリスクは大きい」と懸念する。

続けて、「もしも開催することで感染者が急増すれば、国民を危機にさらすことになる。そして、菅内閣にとっては、確実に崩壊につながる」と、感染が拡大すれば政権も危機を迎えると分析した。


関連記事:菅総理、緊急事態宣言解除の背景を説明 酒類は19時まで提供可能に

 

■自民党内の緊張感に言及

また、東京に4度目の緊急事態宣言が発令されたことに関しては、「菅首相はなんとしても、感染拡大を抑えながら、オリンピックを無事終える決意だろう。それが東京への、4度目の緊急事態宣言につながったわけだが」と首相の思惑を推察。

しかし宣言内容については、「飲食店の時短営業、アルコール販売の禁止など、内容は前回を踏襲しており、緊張感のなさは否めない」と指摘する。そしてここからは、「この緊張感のなさを増幅しているのが、私は自民党の国会議員たちだと考えている」と政局の話題へ。

「もし菅内閣が崩壊しても、自民党が下野することは、まずないだろう。それがわかっているから、彼らには緊張感がまったくない。もちろん危機感も感じられない」と、自民党内に緊張感がないことを指摘した。


■与野党双方に奮起を促す

最後は「国を動かす議員たちに緊張感なくして、国民には緊張感を持てというのか。自民党の議員たちは今一度、心して現状を考えてみるべきだろう」と自民党に喝。続けて「そして野党にも奮起してほしい、と強く言いたい」と野党にも触れ、全ての国会議員に意識変革を求めたのだった。

16日付の新規感染者数が3日連続で1,000人を突破、「第4波」と呼ばれる5月上旬の数字を上回るなど、感染拡大が懸念されている東京。田原氏は首相の「オリンピックを無事終える決意」を感じているようだが、果たして感染は抑え込めるだろうか。

・合わせて読みたい→和田アキ子、緊急事態宣言延長と五輪開催に怒り 「困った国ですね」

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

政治自民党東京オリンピック国会田原総一朗菅義偉東京パラリンピック新型コロナウイルス緊急事態宣言
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング