チューブトップとショートパンツ姿で搭乗拒否された人気モデル 「普通の格好」と激怒

かっこいい筋肉に人々は目が釘づけに。職業柄、露出への抵抗がなかったのかもしれない。

2021/07/17 09:30

ショートパンツ・キャリーケース・旅行

フィットネス界のインフルエンサーとして活躍している女性が、飛行機に乗ろうとしたところ、露出が多いとの理由で搭乗拒否にあった。「夏なんだし、誰もがこんな格好で旅行をするのに」と激怒していることを、イギリスの『Daily Mail』など海外メディアが報じている。



 

■「露出が多いので…」

アメリカ・テキサス州に住むボディビルダーで、フィットネスモデルとしても活躍しているデニス・サイビナーさん(26)。彼女は8日、フロリダ州マイアミで開催されたフィットネス向けのビキニショーに出演するため、アメリカン航空のフライトを利用しようとした。

しかし、空港のカウンターで搭乗を拒否されてしまった。彼女の服装について「子供連れの家族も搭乗するなか、露出が多いのは好ましくない」と航空会社が判断したという。


関連記事:旅客機の機長が上空で股間を露わに 目的不明のまま公然わいせつで起訴へ

 

■行き先は常夏のビーチリゾート

その日、ブラウンのチューブトップにデニムのショートパンツという姿だったデニスさん。インスタグラムのストーリーズで写真を公開し、「このスタイルが“裸のようだ”と言われたわ。信じられない! ここはアメリカよ」と怒りを爆発させた。

この写真を見た世間の人々からは、「アメリカではこんな服装ざらにいる」「航空会社がそんな対応をするなんて」「北国に飛ぶならまだしも、湿度90%越えの常夏のビーチリゾートに行くのだから」といったコメントが並んだ。

次ページ
■トルコ人初のタイトル取得
旅行ファッションアメリカ飛行機トルコ服装マスクジムフィットネスショートパンツプライドアメリカン航空ビキニインスタグラマーインフルエンサーボディービルダー素足搭乗拒否チューブトップ翻訳記事ボディービルフィットネスモデルビキニショー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング