デリカシーがなく強欲? 婚約者に先立たれた男性の言動に批判の声

大切なのは金と女? 若く美しい婚約者を失った男性の意外な態度に、関係者が腹を立てた。

2021/07/17 08:30

年の差カップル

20代前半の美女と恋に落ち、婚約成立を喜んでいた高齢の男性。しかし女性は事故にあい、帰らぬ人に。そこで執り行った葬儀で男性がとんでもない話をしたこと、そしてすんなり立ち直り、元交際相手とよりを戻したことなどを、『The Daily Star』など海外のメディアが伝えた。



 

■婚約者の突然の死

オーストラリアの裁判所で働いていた女性(23)が、ずいぶん年上で多くの孫もいる治安判事(68)を好きになり交際を始めた。

ヒートアップしたふたりは婚約し、家族を含む多くの関係者を驚かせた。しかし、2019年に女性は車にはね飛ばされ、重傷を負って命を落としてしまった。


関連記事:死別の夫が贈った指輪を小姑が返却要求 未亡人の相談に「闘うべき」とエール

 

■葬儀中にまさかの発言

葬儀の日、男性は弔問客や遺族の前であいさつすることになった。すると「とても美しい女性でした」と称賛するも、話題はネガティブなものにすり替わり、女性が抱えていた問題について暴露し始めた。

その内容は、「不安障害とうつ病を抱え、彼女は薬を飲んでいました」「うつのせいで、彼女の短所はさらにひどくなりました」「絶えず安心させてやらねばならなかったのです」というもの。

発言を聞いた女性の母親は激怒し、「もう十分だと思いますけど!」と大声をあげ、あいさつを中断させたという。

次ページ
■意外な展開に…

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

母親年の差年の差婚葬儀元恋人暴露うつ病事故死裕福婚約者給付金翻訳記事不安障害
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング