『めざまし8』呼吸がしやすくなる「マスクの着け方」に反響 これは簡単…

『めざまし8』にて、気象予報士の天達武史氏が、暑さ対策にオススメなマスクの着け方を紹介。実際に試してみると…。

テレビ

2021/07/19 15:15


 

■気になる着け心地は…

マスク

こちらが完成した「呼吸のしやすいマスク」だ。

実際に記者が着けてみると、鼻と口の周辺に空間ができ呼吸がしやすい。とくに暑さが厳しい日は、顔に汗をかいて、マスクがくっついてしまう……ということもしばしばあるが、そういったトラブルも防ぐことができそうである。

マスクの着け方紹介

なお、記者が着用しているのは「ふつうサイズ」のマスク。女性や小柄な人の場合は、小さめサイズなど、自身に合ったサイズのマスクで試してみてほしい。


関連記事:コンビニの不織布マスク セブンイレブンとローソンでは大きな違いが

 

■視聴者からは反響が

この着用方法について、番組MCの谷原章介は「インナーカップを着けてるみたいな感じになりますよね」とコメント。これに天達氏は「湿度が高いんで、ペタッとつきやすいんですけど、中で湿度と気温も下がってくれる」と、説明していた。

ツイッター上では「やってみよう」「息がしやすいマスクの着け方、知りたい」といった視聴者からも多くの反響が寄せられている。

・合わせて読みたい→有吉弘行が遭遇した「マスクしないで」と訴える集団 そこで抱いた疑問は…

(取材・文/しらべぇ編集部・北田力也

この記事の画像(7枚)