江頭2:50が超高額な絵を売る美女と対決し勝利 スタッフも思わず「超ヤベエ客」

江頭が、高額な絵を売る“エウリアン”と対決。最後は気を遣った江頭に、ファンからは「根がいい人」との声も。

エンタメ

2021/07/19 14:30

江頭2:50
(写真提供:JP News)

お笑いタレント・江頭2:50が19日、公式YouTubeチャンネル『エガちゃんねる』を更新。“エウリアン”と対決した。



 

■連絡先の入手が“ミッション”

エウリアンとは、画廊の前で通行人にチラシを配布し、高額な絵画を売り込んでくる女性販売員のことで、気弱そうな男性に声をかけてくることが多い。

今回の企画では、「江頭VSエウリアン」と題し、江頭が販売員から個人的な連絡先を聞くことを“ミッション”として、東京・秋葉原の店を訪れることに。その様子を小型カメラで撮影して、近くに止めた車の中で待機するスタッフ「ブリーフ団」が見守った。

【動画】江頭 VS 超高額な絵を売る美女


関連記事:江頭2:50、YouTube一時休養を発表 「復帰待ってます」とエール相次ぐ

 

■早くも撃沈…

帽子、メガネ、マスクで気弱そうな男性に変装した江頭が店に近づくと、すかさず女性販売員から声をかけられて店内へ。1階には比較的安価な印刷の絵などが並び、江頭は高価な版画のある2階へと誘導された。

目についた版画の値段が「55万円」であることを聞くと、会話の音声を聞いていたブリーフ団は「うわー、高っけえ!」と思わず天を仰ぐ。

ほかの絵も44万円、66万円など高額なものばかりで、江頭は予算が10万円以下であることを伝えつつ、女性に「彼氏はいらっしゃるんですか?」と探りを入れると、間髪を入れずに「結婚していて、夫がいるんですけど」と答えが返ってきて“撃沈”した。

次ページ
■絵を買っちゃう?