五輪で採用のアンチセックス・ベッドって? アイルランド代表選手が噂を検証

いよいよ開幕する東京五輪。新型コロナの爆発的な感染拡大に繋がらないことを祈るばかりだ。

2021/07/20 13:30

東京五輪選手村

東京オリンピックに出場する予定で来日したアイルランド代表の選手が、Twitterで拡散中のある噂について検証。動画を配信し、話題となっている。イギリスの『Sky News』やインドの『The Times of India』などが報じた。



 

 

■今年もコンドームを配布

賛否両論を未だに残しつつも、ついに今月23日に開幕する『東京2020オリンピック』。

オリンピック・パラリンピックといえば、選手村や大会競技施設でコンドームが無料で配布されることが恒例となっており、16年リオ大会では史上最多の45万個が配られ、今大会では、「濃厚接触NG」としつつも、なぜか約16万個を配布することが決まっているという。

大会組織委員会は「選手村で使用するためでなく、アスリートがそれぞれの母国に持ち帰り、HIVやAIDSへの意識を高めるキャンペーンを支援するためです」としているが、苦し紛れの言い訳だと批判が相次いだ。


関連記事:杉村太蔵、東京五輪中止論に「誤解ある」と持論 運営のコロナ対策を熱弁

 

■名付けて「アンチセックス・ベッド」

しかし、ここにきて選手たちが使用する選手村のベッドにまつわる噂が流れてきた。その噂とは、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、選手間同士の性行為を防ぐため、オリンピック委員会が“段ボール製のベッドを採用した”というものだ。

揺れや2人分の重さに耐えるほどの十分な強度がないため、選手たちは性行為ができず、「アンチセックス・ベッド」との名称まで付けられている。

次ページ
■ベッドの上でジャンプ

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

東京ペットオリンピック五輪東京オリンピックアスリート東京五輪段ボール体操性行為パラリンピックアイルランド東京パラリンピック翻訳記事二酸化炭素アンチセックスベッド
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング