ひろゆき氏、小山田圭吾の“後任”に岡崎体育を推薦 「名前が体育だし」

小山田圭吾の後任に岡崎体育を推すひろゆき氏。ユーザーからも納得の声が上がったほか、組織委への疑問も。

エンタメ

2021/07/21 12:00

小山田圭吾・コーネリアス

元2ちゃんねる(現5ちゃんねる)管理人で現在は4chan管理人の「ひろゆき」こと西村博之氏が20日、自身の公式ツイッターを更新。東京五輪の開会式の楽曲担当の“後任”として、岡崎体育を推薦した。



 

■「俺にやらせてくれ」

東京五輪の開閉会式の楽曲を担当していたミュージシャン・小山田圭吾が、いじめを自慢げに話した過去のインタビュー記事が問題となり、19日に辞退を発表。

これを受け、岡崎が20日、自身の公式ツイッターで「岡崎体育といいます。体育です」「俺にやらせてくれ」と、後任に“立候補”した。


関連記事:ひろゆき氏、小山田圭吾の息子への攻撃に疑問 「どういう理由で正当化?」

 

■許されるキャラクター

このツイートに、ひろゆき氏が「オリパラ開会式で、小山田圭吾さんが辞任した状況で一週間で曲。完成させられる割り切りスキルと、火中の栗を拾いに行っても許されるキャラクターとして、岡崎体育さんがオリンピックの開会式の作曲に絡むのはアリだと思う」と賛同。

「失敗しても笑えそうだし。名前が体育だし」と付け加えた。

次ページ
■組織委の対応に驚き

この記事の画像(1枚)