60代女性の半数が住んでいる地域のハザードマップを確認 「水害に備えて」

水害に備えて、ハザードマップは確認しておくべきだ。しかしこれまでに、まったく見たことがない人も。

2021/07/22 20:30

台風や大雨など水害の恐れがあるときには、ハザードマップを確認するようにニュースなどでアナウンスされる。実際にハザードマップを見た人は、どれほどいるのだろうか。


画像をもっと見る

 

■「ハザードマップを確認」4割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,733名を対象に調査したところ、全体の42.5%が「住んでいる地域の『ハザードマップ』を確認したことがある」と回答した。

住んでいる地域のハザードマップを確認したことがあるグラフ


関連記事:バイオハザード8に登場したルーマニア料理『チヨルバ デ レギューム』の作り方

 

■ニュースで言っていたので

性年代別では、多くの年代で女性の割合が高くなっている。

住んでいる地域のハザードマップを確認したことがある性年代別グラフ

ニュースでハザードマップが取り上げられたため、確認した人も多いようだ。

「大きな災害があったときに、ニュースでハザードマップの確認を促していた。そこで息子がネットで調べて、見せてくれたことがある」(60代・女性)


台風のときに心配になり、ハザードマップを見た人も。

「台風のときに怖くなり、念のためにハザードマップを確認した。ただそのときはさらに不安が増しただけだったので、日常の落ち着いたときに見ておくべきだと思った」(30代・女性)

次ページ
■ハザードマップがよくわからず
災害調査防災ハザードマップ自然災害水害避難
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング