秋葉原に突如出現したレトロな「銭湯」 見た者を感激させるその正体とは…

秋葉原の駅前ビルに出現した謎の「銭湯」。正体を知った記者はそのクオリティに感激した。

話題

2021/07/22 05:45

銭湯山車巡行部

東京・秋葉原の駅前ビル「秋葉原UDX」内に謎の“銭湯”が出現──。ツイッター上でその報を受けた記者は現地に向かった。


画像をもっと見る

 

■たしかにあった…!

銭湯山車巡行部

ビルに到着すると、1階カフェ上にある大きな窓ガラスに、これぞ「ザ・銭湯」というレトロな銭湯の洗い場が姿を現していた。

赤と青の蛇口に、青いタイル、そして鏡。それにしてもガラス張りとはこれまた風流(?)な洗い場である。

銭湯山車巡行部

謎を解くべく記者はこのスペースを目指した。

2階に到着すると入り口には「銭湯山車巡行 お披露目展示」のポスター。さっきの銭湯らしき物は銭湯を模した祭りの「山車」で、風呂場ではなかったのだ。これはすごい&かっこいい…! 伯父が東京の下町で銭湯を営んでいることもあり、いつも以上にテンションが上がる記者だった。


関連記事:銭湯の昔懐かしい牛乳販売 創業80年の3代目が「意外にハードル高い」と語る理由

 

■細部を見ていこう

銭湯山車巡行部

銭湯山車巡行部

本体には車輪が付いており、引っ張って町を練り歩く仕様らしい。

車体をまじまじと見てみる。まずは下駄箱や脱衣場ロッカーが正面下部に貼り付けてある。木の鍵やSDカードみたいな形の鍵を入れるアレだ。懐かしい。

銭湯山車巡行部

銭湯山車巡行部

右側に回るとこちらは洗い場。足元には緑のこしかけとおなじみケロリンのロゴが入った黄色い桶。年季が入ってる。

次ページ
■廃業した銭湯の物品を活用

この記事の画像(11枚)