嵐の活動休止にノブコブ吉村ショック 「リモコン、マジで投げつけました」

バラエティ界の天下獲りを狙ってきた平成ノブシコブシ・吉村崇が嵐の活動休止で受けた影響を明かし…。

2021/07/22 07:50

嵐・二宮和也・相葉雅紀・松本潤・大野智・櫻井翔

21日放送『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に平成ノブシコブシ・吉村崇徳井健太が登場。「笑いの天下獲り」を目指してきた吉村が、国民的アイドルグループ・の活動休止で受けた影響を吐露し、大きな話題を集めている。



 

◼2年間で激変

かねてから「MCとしてお笑い界で天下を獲りたい」と公言してきた吉村。2年前の同番組出演時には、天下統一「吉村キングダム(王国)」への道が薄っすらと見えていたものの、この2年間で「芸能界のバランスが崩れました」と嘆く。

お笑い第7世代の冠番組の激増、兄貴分・加藤浩次の事務所独立、盟友・渡辺直美の渡米など、周囲の状況が慌ただしく変化したと解説される。


関連記事:吉村知事、部活動の休止要請を説明 「なぜ子供が…」

 

◼『嵐にしやがれ』の終了

そのなかでも「裏回しとして仕えていた嵐の活動休止」が「デカイなー」と吉村は悲鳴を上げた。

日本テレビの『嵐にしやがれ』でコーナーMCを担当するなど、嵐と懇意にしていた吉村にとって、突然の活動休止は「天変地異」だったと苦笑。「これを担保に銀行からお金を借りていた」ほど、自身の代名詞であり、柱にしていた嵐の番組が終了。

活動休止のあおりをモロに受けたと主張する。

次ページ
◼リモコン投げつけ、必死に嘆願
テレビお笑いショック活動休止嵐にしやがれ平成ノブシコブシ吉村崇あちこちオードリー天下
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング