有吉弘行、ハマっていた超スーパーアイドル告白 「初めて知った」と驚きの声

有吉弘行が思春期にハマっていたアイドルとは。「俺の中の超スーパーアイドル」。

2021/07/23 01:05

有吉弘行
お笑いタレントの有吉弘行が22日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演し、かつてハマっていた“超スーパーアイドル”の存在を告白。初耳のユーザーもいたようで、SNS上には「初めて知った」と驚きのコメントが寄せられている。



 

■「俺の中の超スーパーアイドル」

出演者の有吉、嵐・櫻井翔、お笑いタレント・バカリズム、バナナマン・日村勇紀のトークで話題になったのは「思春期にハマっていたアイドル」について。

広末涼子、一色紗英、中山美穂、牧瀬里穂などの名前を並べながら、青春時代に思いを馳せる中、有吉はチェッカーズを挙げ「俺の中の超スーパーアイドル」と話す。


関連記事:みちょぱ、有吉弘行の1ヶ月の生活費に衝撃 「カネ貯まりまくってる」

 

■デモテープもらうも…

チェッカーズは、1983年に『ギザギザハートの子守唄』でデビューした7人組バンド。ボーカル・藤井フミヤのトレードマークでもあった長い前髪を垂らすヘアスタイル、メンバーらのチェック柄の衣装は若者に大流行した。

少年時代の有吉も、チェッカーズに夢中になった1人。自身が音楽グループ・猿岩石として活躍していた頃のデビュー曲『白い雲のように』の作詞は、藤井が担当してくれた。

「デモテープはフミヤさんの声で。デモテープ持ってたんだけど、なくしちゃったんだよ。なんでなくすんだろうね、どのタイミングでなくすの」と、お宝アイテムを紛失してしまった自分にあきれ、苦笑していた。


■視聴者ビックリ「チェッカーズ好きだったの?」

思春期にハマっていたグループのボーカルに作詞してもらったことを、懐かしそうに語った有吉。

インターネット上には「有吉さんチェッカーズ好きだったんだぁ初めて知った」「えーーー!有吉さんチェッカーズ好きだったの??それは曲作っていただけて感動するね」「有吉くん チェッカーズ好きだったのか!!ええぇ、初めて聞いた、そう考えると白い雲のように凄すぎる」と視聴者からの驚きの声が飛び交っている。

・合わせて読みたい→有吉弘行、オンオフを切り替える異常行動激白 「サンシャイン池崎みたいに」

(文/しらべぇ編集部・RT

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

有吉弘行アイドルバナナマン櫻井翔広末涼子日村勇紀バカリズム櫻井・有吉THE夜会中山美穂一色紗英猿岩石藤井フミヤチェッカーズ牧瀬里穂
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング