バナナ日村、『ボキャ天』ブームの裏側で不満募らす あからさまな人気格差に…

バナナマン・日村勇紀とバカリズムが『ボキャブラ天国』ブームを振り返って…。

2021/07/23 08:35

バナナマン・日村勇紀

22日放送『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に人気お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀と日村と旧知の仲・バカリズムが登場。有吉弘行と一緒に懐かしい青春時代を振り返っていった。



 

◼同世代の3人

49歳の日村、47歳の有吉、45歳のバカリズムと年齢差は多少あるものの、ほぼ同世代。芸人としての活動時期もかぶっており、思い出を共有している関係性だ。

この日は、青春時代にハマったアイドルやグッズの話題、若手時代の思い出話で盛り上がっていった。


関連記事:設楽統、生放送中に相方・日村の愚痴を吐露 「ちょっと嫌なんですよね…」

 

◼くすぶっていた下積み時代

売れない下積み時代、下北沢で一緒に住んでいたほど仲の良い日村とバカリズムだが、「忙しくなっちゃって、お互いスケジュールが合わなくなった」ため、プライベートで飲みに行く機会はほとんどないと明かす。

くすぶっていた当時、「お互いしか味方がいない。外ではさげすまれているから。日村さんぐらいしか自分のことを面白いと言ってくれない」とバカリズムは日村との関係を回顧。

ちょうど『タモリのSuperボキャブラ天国』(フジテレビ系)が一世風靡した時期。周囲の芸人がそのブームに乗って売れていくなかで、それに乗り遅れたバカリズムらは「一緒にネタ番組を見て悪口を言っていた」と笑う。

次ページ
◼ライブハウスで共演
有吉弘行テレビタモリバナナマン日村勇紀爆笑問題バカリズム櫻井・有吉THE夜会ボキャブラ天国
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング