歯科治療中に体調急変の3歳児が死亡 通常の施術を担当した歯科医もショック

その小児歯科には複数の歯科医がおり、個人としては市内最大規模で、口腔外科としての設備も整っていた。

2021/07/25 07:00

歯医者・歯科医・小児歯科

アメリカ・カンザス州の小児歯科で、3歳の男の子が抜歯を行った後、体調に異変をきたして死亡した。「ごく普通の治療だと言われていたのに…」と涙ながらに話す遺族。『WGN9 News』『KWCH12  News』ほか、『PEOPLE』などの海外メディアが報じ、波紋が広がっている。



 

■紹介され大きな小児歯科へ

亡くなったのは、カンザス州スコット郡のスコットシティーに暮らし、来月4歳になるところだったアビエル・ヴァレンズエラ・ザパタくん。

メディアの取材に応じた母ナンシー・ヴァレンズエラさんは、「息子は下の歯が歯周病にかかり、地元の歯科医に相談したところ抜歯が必要との判断でした。そこで紹介され今月6日、ウィチタ市郊外にある小児歯科の『タイニー・ティース小児歯科』で治療を受けたのです」と話している。


関連記事:小柳ルミ子、15針縫う手術を終えて報告 「途方もなく長~い治療…」

 

■治療の手順は正しかった

しかし、抜歯前の麻酔注射を打たれて30分ほどするとアビエルくんの頬が腫れ始め、脈がひどく遅くなったことから、歯科医は重いデンタルショックと判断して救急車を要請。大きな病院で心肺蘇生のあらゆる処置が試みられたが、アビエルくんが目を覚ますことはなかった。

ナンシーさんは「我が子に何が起きていたのか、正しい答えを待っているところです」と話し、医療過誤の疑いもあるとして詳しい調査を依頼。アビエルくんの検死と並行し、警察が歯科医のカルテなどを調査しているが、現時点で治療の手順に不審な点は見つかっていないという。

次ページ
■4年前には日本でも

Amazonブラックフライデー最終日!

アメリカアナフィラキシーショックアレルギー注射体調不良麻酔低酸素脳症抜歯翻訳記事小児歯科口腔外科血中濃度デンタルショック局所麻酔カンザス血管迷走神経反射過換気症候群局所麻酔薬中毒
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング