女装癖と性的嗜好丸出しの写真を見られ… 羞恥に耐えかねた父親が13歳息子を殺害

自身についての破廉恥な動画や画像が、もしも思春期の我が子に見つかってしまったら…。

2021/07/25 07:30

後悔・恥ずかしい

アメリカ・コロラド州で8年前、父親が中学生の息子を殺害するという事件が起きた。いよいよ16日にその裁判が始まったが、じつに意外かつ身勝手な犯行動機が法廷で明らかにされ、波紋を広げている。『Denver Post』『WGNO/abc』など海外メディアが伝えた。



 

 

■「野生動物に襲われたかも」

コロラド州ラプラタ郡デュランゴ市で2012年11月、当時13歳だったディラン・レッドワインくんが行方不明となった。その後、自宅からかなり離れた複数の地点で体の一部が2013年に、また2015年に頭蓋骨が発見されていた。

当時、父親のマーク・レッドワイン(59)被告は「クマかマウンテンライオンに襲われたのかもしれない」などと話していたが、司法解剖では、頭蓋骨にある傷から鋭利な刃物を用いた殺人事件の疑いが出てきた。


関連記事:4人の少女を襲った19歳の小児性愛者 呆れた犯行動機にも波紋広がる

 

■離婚後ひとり暮らしだった父親

そんな中、ディランくんの兄であるコーリー・レッドワインくんが警察に「父が犯人です」と証言。車にあった血痕とディランくんのDNAが一致したことから、ワシントン州に転居していたマーク被告は、第二級殺人および児童虐待の容疑で逮捕・起訴された。

その犯行動機は、あまりにも身勝手なものだった。両親が別れて以来、ディランくんとコーリーくんは母親と暮らしながら、時おり父親の家に泊まりにいく生活を送っていたが、2012年11月19日、ディランくんは父親宅で図らずも衝撃的な写真を発見した。

次ページ
■父親は女性の下着姿で…

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

父親離婚写真兄弟息子法廷性的嗜好裁判所児童虐待血痕翻訳記事傍聴席女装癖第二級殺人
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング