女装癖と性的嗜好丸出しの写真を見られ… 羞恥に耐えかねた父親が13歳息子を殺害

自身についての破廉恥な動画や画像が、もしも思春期の我が子に見つかってしまったら…。

2021/07/25 07:30


 

 

■父親は女性の下着姿で…

その写真とは、マーク被告が女性用の下着を着用したり、幼い子のような表情で、オムツにした大便を手に取って食べたりという、にわかには信じがたいものだった。

兄コーリーくんは警察に、特殊な性的嗜好を思わせる写真にショックを受けたディランくんが、父親に率直な疑問と不信感をぶつけたことを説明。これを受け、マーク被告は「息子に自分の写真について追及され、思わず頭に血が上り殺してしまった」と供述したという。


関連記事:「刺す感覚に興味があった」と嘱託殺人を快諾 19歳男が友人の父親を刺殺

 

■陪審員は有罪の評決

『デンバー・ポスト』紙・電子版が報じたところによれば、裁判はラプラタ郡裁判所で16日にスタート。ディランくんの母親エレイン・ホールさんが傍聴席で涙を流しながら見守るなか、陪審員は有罪の評決を下した。量刑は10月8日に裁判長から言い渡されるという。

人の記憶を消すことは難しい。撤回もできない。自身に関する破廉恥な動画や画像を所有している人は、我が子に見られないよう気をつけるべきだろう。

・合わせて読みたい→4人の少女を襲った19歳の小児性愛者 呆れた犯行動機にも波紋広がる

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

父親離婚写真兄弟息子法廷性的嗜好裁判所児童虐待血痕翻訳記事傍聴席女装癖第二級殺人
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング