胃には自身の髪の毛だけが… 我が子を犬用電気首輪につなぎ餓死させた両親が逮捕

決して許されない我が子への虐待。残された子供たちの心の傷も心配されている。

2021/07/25 06:30

虐待・少年

子供に対する恐ろしい虐待致死事件が、アメリカで発生した。幼い息子を犬用電気首輪につないで放置し、餓死させた鬼畜の両親。『DAILY STAR』や『Opera News』など英米のメディアが報じている。



 

 

■虐待致死容疑で両親を逮捕

アメリカ・インディアナ州のモンロー郡で先日、エデュアルド・ポッソくんという12歳の男の子が、両親からの虐待を受けて死亡する事件が起きていた。

父親のルイス・エデュアルド・ポッソ(34)と継母のダヤナ・メディナ・フローレス(27)が、育児怠慢・放棄、虐待致死の容疑で逮捕・起訴された。ダヤナ容疑者はルイス容疑者の再婚相手で、エデュアルドくんとは血がつながっていなかった。


関連記事:4人の少女を襲った19歳の小児性愛者 呆れた犯行動機にも波紋広がる

 

■空腹に耐えかね髪の毛を…

ダヤナ容疑者は、犬のしつけに使われる電気ショック首輪をエデュアルドくんの首にはめ、鎖でつないだうえでバスルームに数週間にわたり閉じ込めた。その間、食事をまるで与えなかったという。

司法解剖で、エデュアルドくんの遺体の胃からはたくさんの髪の毛が見つかっており、空腹に耐えかね、自分の髪の毛をむしり取って食べていたと考えられている。死亡時の体重は、アメリカの12歳男児の平均体重の半分以下という23kgほどしかなかった。

次ページ
■他のきょうだいは無事

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

子供アメリカ髪の毛虐待空腹両親再婚餓死電気ショック継母しつけ首輪翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング