大谷翔平選手、相手投手が天を仰ぐ第36号本塁打 「昨日先発していたのに…」

大谷選手、第36号本塁打は打った瞬間に確信した一撃。2位のゲレロJr.に4本差をつける独走状態に。

2021/07/28 16:15


大谷翔平

ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手は28日(現地時間27日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたコロラド・ロッキーズ戦にスタメン出場し、両リーグトップとなる36号本塁打を放った。


 


 

■打った瞬間に確信した36号本塁打

「2番・DH」でスタメン出場した大谷選手は、5回2死3塁のチャンスで第36号となる2ランを放つ。1ボール2ストライクと追い込まれながらも、真ん中に甘く入った変化球をフルスイング。あっという間に右翼席に吸い込まれていったボールは、飛距離141mの特大な一発となった。

MLBオールスター明けから調子を落としていたが、3試合連続安打を記録するなど復調モード。本塁打王争いでは、2位のウラジミール・ゲレロJr.内野手(トロント・ブルージェイズ)に4本差をつけている。

【動画】打った瞬間に確信した、特大の36号本塁打


関連記事:大谷翔平選手、打った瞬間に確信の35号本塁打 「もうみんな慣れてない?」

 

 

■打点王争いにも期待

驚くべきは昨日の勝利投手がスタメン出場し、本塁打を放っている事実。不調が続いていた23日のミネソタ・ツインズ戦では、試合に出場しない完全休養を行って調子が上向いただけに、今後このコンディションを維持できるかが気になるところだった。

シーズンも後半に差し掛かり、タイトル争いも本格化。本塁打王はもちろん、打点王争いも1位のラファエル・デバース内野手(ボストン・レッドソックス)の81打点に3打点差まで迫っている。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■「憧れを通り越して崇拝に入る」
MLB大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス本塁打王コロラド・ロッキーズエンゼル・スタジアム
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ