HIV陽性を秘密にしたまま女性と性交渉した男 複数名に感染させ実刑判決

感染させる可能性を知っていたはずの男が、女性たちを次々とベッドへ誘い…。

2021/07/29 14:10

カップル・ベッド

何年も前に検査を受け、自分がHIVに感染していることを知っていた男。それでも真実を明かすことなく次々と女性たちと男女の仲になり、少なくとも2名に感染させた。この男にようやく実刑判決が下されたことを、『New York Post』などアメリカのメディアが報じている。



 

■HIV陽性を隠した男

アメリカ・フロリダ州で暮らす男(27)が2014年1月にHIV検査を受けに行き、陽性という結果を知り愕然とした。

だがこの男は容姿が良く女好きでもあったため、その後も異性と知り合っては親しい仲に。その流れで何人もの女性と肉体関係になったが、行為の前に「僕はHIV陽性だ」と真実を伝えることはなかった。


関連記事:HIV陽性の女性が感染経路とその後を告白 「賢い選択をしておけば」と一夜の後悔も

 

■感染した女性たち

男とかつて交際していた女性は、体調が気になり検査を受けてHIVに感染していることを知った。「あの男にうつされたに違いない…」。そう確信した女性は、男に惚れ込んでいた女性たちを心配し、数名に連絡して真相を暴露した。

続いて警察にも連絡し、感染した可能性が高い女性たちの名前など、重要な情報を提供。

これを受けただちに捜査を始めた当局は元交際相手らに話を聞き、「確かに関係をもった」「でも彼がHIV陽性という話は聞いたことがなかった」という証言を得た。そのうちひとりは2016年に男と交際し、その翌年に受けたHIV検査で感染に気づいたという。

次ページ
■警察が注意喚起
交際秘密逮捕HIV検査実刑判決保護観察感染陽性翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング