囲碁界で大注目の12歳天才棋士・仲邑菫 同世代選手の金メダルに「刺激」

囲碁の最年少プロ棋士である仲邑菫2段(12歳)が記者会見に登場。オリンピックで金メダルを獲得した同世代の西矢椛選手について触れた。

中邑菫2段

史上最年少となる10歳0ヶ月でプロとなった女流囲碁棋士の仲邑菫(なかむら・すみれ)2段が、29日、日本棋院で行われた「第1期 新龍星戦」トーナメント1回戦に出場。

囲碁界初となる2度の7冠を過去に達成している井山裕太棋聖と対局するも、中押し(ちゅうおし)負けとなった。


画像をもっと見る

 

■囲碁界注目の最年少棋士

井山裕太棋聖

現在12歳、中学1年生の仲邑2段は囲碁界の次世代を担う最年少プロ。

「新龍星戦」は持ち時間1分、1手打つごとに5秒加算されるという「フィッシャー方式」を採用した早碁(はやご)で、強豪・井山棋聖と一進一退の目まぐるしい展開を続けたが敗北した。


関連記事:藤井聡太二冠が高校退学を発表 「かっこよすぎる」と称賛の声も

 

■「1人の強い相手として対局」

井山裕太棋聖

対局後、記者会見に臨んだ井山棋聖は、注目され続けている仲邑2段について「(対局することは)何となく予感していた(笑)」と吐露し、過去に触れつつ「以前から実力は折り紙付き。お互いプロ同士ということで、仲邑さんと意識せず、1人の強い相手として対局しました」とコメント。

早碁というスピーディーなルールが普段とは違う展開を生んだとも話し、「(前回対局より)『弱くなったな』と思われたかもしれませんが(笑)、自分自身、精一杯やりました」と振り返った。その上で「成長を感じる。勝ちに結びつける力があり、悪くても粘り強く戦える。勝負師として大事な要素をもっている」と仲邑2段を評価。

次ページ
■「ボロボロになっちゃった」

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

囲碁オリンピック井山裕太西矢椛仲邑菫
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング