秋葉原で“お尻”テーマの謎イベント「尻博」開催 内部の展示物が圧巻だった

ヒップをテーマにした注目のアートイベント「尻博」が本日まで東京・秋葉原で開催されている。中には気鋭クリエイターたちの作品が…。

尻博

東京・秋葉原駅から徒歩30秒の雑居ビルで、お尻をテーマにしたアートイベント「尻博2021」が本日30日まで開催されている(15時~20時)。外からではその内情が伺い知れないため、しらべぇ記者は取材を申し込んだ。


画像をもっと見る

 

 

■老若男女集まる空間

尻博

2020年に初開催され今回で2回目となる「尻博」。気鋭のコスプレイヤー、カメラマン、フィギュア造型師、イラストレーターが尻をテーマにした究極の作品を展示しており、約1ヶ月の開催で入場者数はすでに1,000人を超えている。

尻博

これまでアニメや漫画の原画展・イラスト展などが多数開催されてきた秋葉原において、アート系イベントは珍しく、この日も男性、女性問わず作品を鑑賞しに多くの来場者があった。


関連記事:九条ねぎ、ガラスにお尻をムギュッと押し付け 「これが巨尻だ」

 

■入口くぐるとお尻の世界

尻博

入口に到着すると、ドアの向こうに「尻博」の看板。ちょっとビビりながらも「おぉ、ここだここだ」と入ると、中は白一色の壁にたくさんの尻作品が並んでいた。

尻博

料金1,000円を支払い入場。特典としてアーティストたちが手がけたポストカードが入手できる。お尻といっても、クリエイターによってこんなに見せ方が違うとは…どれもステキだ。

次ページ
■競泳水着×尻

→最大60%OFF! Kindle本ビジネス書セール2月3日まで

アートコスプレ秋葉原イラストフィギュアコスプレイヤー尻博造形
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング