世界初9つ子を育てる女性 日にオムツ交換100回と授乳6リットルで心身がゲッソリ

新型コロナウイルスの影響で、夫とは2ヶ月以上離ればなれに。母親の心身は忍耐の限界を超えるところだった。

2021/08/01 10:30

オムツ・オムツ交換・赤ちゃん

今年、マリ共和国の25歳の女性がなんと9つ子の赤ちゃんを出産した。赤ちゃんたちは順調に育っていることから、このケースは多胎出産における世界新記録だろう。

だが、24時間フル稼働で子育てに当たる母親の心身の衰弱は、はなはだしいという。イギリスの『Mail Online』『Mirror』などが報じている。



 

■9つ子誕生に世界が仰天

今年5月4日、マリ共和国のハリマ・シッセさんという25歳の女性が、安全な出産のため渡っていたモロッコの大きな病院で、9人の赤ちゃんを出産した。

事前には「胎児は7人」という診断だったが、超音波検査に映らない赤ちゃんが2人おり、帝王切開手術を行った医師も驚くなか、9人が無事に取り上げられた。順調に育てば、9つ子は多胎出産における前代未聞の新記録だ。


関連記事:「3つ子で生まれた女性」が3つ子と4つ子を出産 多胎出産は体質や遺伝が大きく影響か

 

■新型コロナのせいで父親は…

世界中の周産期医療や小児医療の従事者が固唾を飲んで見守ってきたが、9人全員がしっかりとした成長を見せているという。

それはハリマさんの母性、そして一生懸命な子育てのおかげだった。新型コロナウイルスの影響で、赤ちゃんたちの父親(35)はモロッコになかなか向かうことができず、19日に初めて我が子を腕に抱いたそうだ。

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

次ページ
■日に100回のオムツ交換
出産子育て育児帝王切開授乳分娩モロッコ育児疲れオムツ交換超音波検査大量出血新型コロナウイルス翻訳記事世界新記録マリ共和国ハリマ・シッセ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング