携帯没収に反発し家出した13歳少年は凍死 お仕置きの難しさに悩む保護者たち

多感な年頃の我が子のしつけやコミュニケーションに、悩む保護者は多い。甘すぎても厳しすぎてもだめだ。

2021/08/01 16:00

しつけ・親子・母・息子・携帯電話・スマホ・スマートフォン

アメリカの子育て掲示板では、家出の後に行方不明となり、遺体で発見されたアイオワ州の13歳の少年の死について、たびたび話題になることがあるという。家出は携帯電話を没収した両親への反発とみられ、衝動的かつ自暴自棄な行動は、少年自身をどんどん危険な方向に追い詰めていたのだ。



 

 

■携帯電話を没収

アイオワ州マーシャル郡で、家族とともに暮らしていたコーリー・ブラウンくん。マーシャルタウン警察は今から2年半ほど前、Facebookを通じて人々にその死の真実を伝えていた。

2019年1月20日、両親に生活態度について叱られた当時13歳のコーリーくんは、携帯電話を没収されてしまった。そのお仕置きが厳しすぎるとして、コーリーくんは猛反発。家を飛び出してしまったという。


関連記事:美少女が謎の失踪から11年後に発見 家族が驚く事実が続々判明

 

■悪天候のなか戻らない息子

外は暴風雨で間もなく雪に変わるという悪天候にもかかわらず、コーリーくんは一向に自宅に戻らなかった。両親は息子に連絡しようとして、はたと気づいた。携帯電話は自分たちが取り上げていたのだ。

いよいよ心配になった両親は、マーシャル郡保安官事務所に捜索願を提出。着用していた服装や愛用の帽子について示し、有力な目撃情報に1,000ドル(当時の日本円で約11万円)の報奨金を支払うことを約束した。

次ページ
■事件性は否定

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

Facebookカウンセラーコミュニケーション警察携帯電話死亡家出少年教育委員会保護者衰弱お仕置き暴風雨捜索活動しつけ悪天候翻訳記事捜索願
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング