160円で初購入した宝くじを財布に放置した女性 「これ何だっけ」で43億円当選

初挑戦の宝くじで、43億円を手にしたドイツの主婦。きっと日ごろの行いが良かったのだろう。

2021/08/01 05:30

宝くじを財布に入れたまま、その存在すら忘れていたというドイツの女性が、1等に当選していることが判明。当選金額は驚くことに43億円だったことを、イギリスの『The Sun』や『Guardian』などが報じている。



 

■人生初の宝くじに挑戦

ドイツに住む45歳の女性は今から数ヶ月前、人生初となるロトくじを1ポンド(日本円にして約160円)で購入。大切に保管しようと財布に入れて持ち歩いていた。

そして6月9日、当選番号が発表されるも、1等くじの当選者だけは数週間たっても現れなかったという。なおプライバシー保護の観点から、女性の名前は明らかにされていない。


関連記事:洪水被災で苦労した20代男性が歓喜 スクラッチ宝くじ当選で億万長者に

 

■忘れられていたくじが43億円に

ある日、女性は自分の財布の中に紙切れを発見。「何だろう」と見てみると、数ヶ月前に購入したロトくじだった。

すっかり忘れていたと苦笑しながら当選番号を調べると、なんと1等の2,800万ポンド(約43億円)に当選していることが判明。この金額は、75年間におよぶドイツのロトくじの歴史のなかで2位だという。

次ページ
■ストレスフルな生活を改善
カップル大学生ドイツ宝くじ当選イギリス当選番号ロト翻訳記事ジャックポット高額当選換金配当金1等
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング