13歳で出産し15歳で第二子妊娠 「経口避妊薬が効かなかった」発言の少女が再び話題

妊娠出産について、何かと無責任さが目立つ少女。大切な命や彼氏の優しさを、どう思っているのか。

2021/08/02 15:00

未成年カップル・妊娠

ロシアで昨年、当時13歳の少女が弱冠10歳の“彼氏”の子を妊娠したとして、批判も含め大変な話題になった。これにこりたかと思いきや、なんと少女は現在、第2子を妊娠中だという。イギリスの『The Sun』やオーストラリアの『news.com.au』が報じている。



 

 

■15歳で第二子を妊娠

ロシア・クラスノヤルスク地方のジェレズノゴルスクという街に住むダリヤ・スドニシュニコワさんは、13歳だった昨年2月、10歳のイワンくんという少年を彼氏だとして紹介し、妊娠を明らかにして話題になった。

誕生したエミリアちゃんは現在、生後11ヶ月。その子育ても大変という状況にもかかわらず、なんと15歳で第二子妊娠を明らかにし、再び世間を驚かせている。


関連記事:10代で3児を出産した女性が批判に物申す 「人生を棒には振ってない、私は幸せ」

 

■第一子の父親は…

エミリアちゃんの妊娠が発覚した際、あまりにもセンセーショナルだとして、カップルは地元のテレビ番組に招かれ、仲良く出演した。だが泌尿器科の医師は「おかしい。イワンくんの体はまだ未熟だ」と指摘。

その後、15歳の少年に強姦されていたことを告白したダリヤさんに、イワンくんは「ダリヤと赤ちゃんを守っていく」と話し、変わらぬ愛を誓っていた。

そんなふたりの子育ての様子はダリヤさんのインスタグラムで公開され、フォロワーはなんと75万人を突破。インフルエンサーとなった彼女は、毎月100万円以上もの広告収入を得ているという。

次ページ
■「経口避妊薬を服用したのに」

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

未成年出産赤ちゃんコンドーム妊娠彼氏肉体関係10代長女インスタグラムロシア性行為泌尿器科インフルエンサー経口避妊薬翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング