メキシコ駐在時に20人超を性的暴行 プレイボーイで鳴らした米国元外交官に終身刑か

外交官としてあるまじき恥ずべき行為。アメリカ政府はその裏切り行為を徹底糾弾していくという。

2021/08/02 09:30

ビジネスマン・逮捕・手錠・スーツ

在メキシコ米国大使館に駐在し、大変なイケメンで鳴らしていた外交官の男。ところが現地では夜遊びに明け暮れ、薬物を盛っての性的暴行まで働いていた。

アメリカ国籍の45歳の男が今、終身刑に直面していることを『Sandiego Union Tribune』『California News Times』など海外メディアが報じている。



 

 

■捜査に気づくと逃亡

メキシコシティにある在メキシコ米国大使館。そこに長年にわたり駐在していた外交官の1人が、薬物を盛って性的暴行を働いていたことが発覚し、逮捕・起訴されていた。

男はカリフォルニア州サンディエゴ郡ラ・メサ出身のブライアン・ジェフリー・レイモンド(45)。昨年、事件の捜査が始まったことに気づいてメキシコから逃亡し、同時にアメリカ政府からも解雇されていた。


関連記事:米国の7歳男児が性的暴行容疑で逮捕 専門家から「物的証拠は示せるのか」の声

 

■助けを求めた裸の女性

事件が明らかになったのは2020年5月、警察に飛び込んだ1本の通報だった。アメリカ政府がメキシコシティに所有している駐在員向けの官舎のバルコニーから、裸の女性が外に向かって大声で「助けて」と叫んでいたというのだ。

外交官とあってメキシコの警察も捜査には細心の注意を払い、動かぬ証拠を集めてから米・連邦捜査局(FBI)に連絡。被害にあった女性はFBIの聞き取りに、「レイモンドに手渡された飲食物をとった後、眠ってしまい、全く記憶がないなかで強姦された」と証言したという。

次ページ
■「政府や国への裏切り」

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

動画薬物写真駐在大使館FBI裏切りメキシコトラックレイプ性的暴行性的虐待翻訳記事外交官メキシコシティ連邦捜査局不正使用
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング