彼氏とのバンジージャンプで女性が事故死 インストラクターのGoサインを勘違いか

事故が起きれば、高率で命を落とすバンジージャンプ。インストラクターの説明にしっかりと耳を傾けたい。

2021/08/03 10:00

バンジージャンプ

決死の覚悟で挑戦する人も多いバンジージャンプ。インストラクターの説明や安全確認の作業に、予想以上の時間がかかるということを、どうか覚えておいてほしいものだ。悲劇的な死亡事故の話題をコロンビアの『エル・ティエンポ』、そしてイギリスの『The Sun』などが報じている。



 

■将来有望な25歳の女性が…

アンデス山脈の豊かな大自然に恵まれ、コーヒーの名産地としても知られるコロンビア北西部のアンティオキア県。事故は、そのアマガ地区で18日に起きた。

死亡したのは県都のメデジンからやって来た、イエセニア・モラレス・ゴメス(Yecenia Morales Gómez)さん(25)。読書とダンスを愛し、弁護士資格を持つ彼女は、やはり初挑戦というボーイフレンドと一緒にバンジージャンプに臨んでいた。


関連記事:50代女性の7割が「バンジージャンプ飛べない」 絶叫マシンさえ無理なのに…

 

■Goサインを勘違い

インストラクターから説明を受け、体にバンジージャンプ専用のハーネスを装着していったカップル。インストラクターの「Go!」という合図は、まずは彼氏のために出たものだった。

ところが、イエセニアさんは「自分も」と勘違いしてしまい、ハーネスにゴムロープのフックがセットされていないにもかかわらずダイブ。約49メートル下の地面に全身を叩きつけられ、即死した。

次ページ
■ペアなのか1人ずつなのか

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

事故コロンビア死亡事故インストラクターバンジージャンプ無許可営業即死翻訳記事ハーネスフックゴムロープ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング