生徒が残した「先生、ズボンに…」のメモ 男性教師が赤面した内容に共感の声も

生徒に“あること”を指摘され、衝撃を受けた教師。その内容をまとめた動画が話題を呼んでいる。

2021/08/04 06:40

教師・先生・教室

教師といえど、やはり人間。ときには恥ずかしいことに気づかないこともある。それを生徒に指摘された教師が、赤恥体験を動画にまとめて公開。その内容、またそれに対する大反響について、『The Sun』など海外のメディアが報じた。



 

■生徒からのメモを読み衝撃

アメリカで理科を教えている若くハンサムな男性教師が、その日の授業をすべて終えた後に生徒が残していったメモを読み驚いた。それは「先生、ズボンに穴が開いています」という文章で始まるメモで、「生徒全員が話題にしていますよ」という少々よけいな情報も含まれていた。

教師があわててズボンを確認すると、こともあろうに尻の部分が裂けて大きな穴が開いていた。そこから下着が見えていることも分かり、かなり恥ずかしい思いをしたようだ。


関連記事:恩師から女生徒へ皮肉まじりの卒業メッセージ 「最低すぎる」とSNSで話題に

 

■TikTokで公開し大反響

教師はこの日に関する動画を作り、メモと尻の部分が裂けたズボンの写真もその中で披露。「恥ずかしい教員のお話です」「こういう経験をする人、他にもいますか」というキャプションを添えて公開したところ大いに受け、短期間で再生回数は140万回を突破した。

「ああ、これは悪夢だ」といった感想に加え、「でもその生徒さんは先生の味方なのですね」「(穴が開いていることを)教えてくれたんだから、良い成績をつけてあげてほしい」といったむちゃなコメントなども多数書き込まれた。

次ページ
■教師たちの赤恥体験
下着教師先生メモズボン指摘TikTok反響翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング