菅首相が負けられないため過熱する横浜市長選 山中竹春元教授がフェイクニュース被害

東京五輪の閉会式にあたる8月8日が告示日の横浜市長選挙が加熱している。

政治

2021/08/05 12:30

東京オリンピックの閉会式にあたる8月8日が告示日の横浜市長選挙が加熱している。カジノ誘致に反対したため、自民党市連は自主投票を決め、苦戦が予想された予定候補の小此木八郎前国家公安委員長に強力な応援団がついた。


画像をもっと見る

 

■菅首相は小此木氏を支援

小此木八郎

横浜を“シマ”とする菅義偉首相の応援である。 7月29日発行のタウン誌で、菅首相は小此木氏と対談し、「全面的かつ全力で応援する」と表明したのだ。さらに、公明党は党としての推薦を見送ったものの、公明党市議全員が小此木氏を応援することを決めた。

いわば、自公相乗り候補の様相を呈してきた。自民党市議の一部は現職の林文子市長を応援するものの、菅首相の圧力もあり、切り崩され、表だった応援をしづらくなっている。


関連記事:おぎやはぎ小木、女子アナ盗撮記事に疑問 「なんで捕まらないの?」

 

■山中元教授は「野党統一候補」に

山中武春

一方、立憲民主党が擁立した横浜市立大学の山中竹春元教授も巻き返しを図っている。日本共産党は推薦依頼がなかったから推薦は出さないものの、党をあげて応援することを決めた。連合の推薦も得て、社民党、新社会党も応援する。

横浜市選出で立憲民主党の代行代表である江田憲司衆院議員が連日、張り付いて、山中氏と街頭に立っている。3日の会見で社民党の福島みずほ党首も応援入りすることを明らかにした。ひょっとしたら、立憲民主党の枝野幸男代表が入ることもあり得る。

次ページ
■ハマのドンも支援

この記事の画像(3枚)