恋人による娘への暴行を黙認した母親 12歳少女の出産で明るみになり両者逮捕に

少女にとって頼れる相手は母親だけ。しかしその母親は、性犯罪常習者の味方だった。

2021/08/07 06:20

少女・女の子・落ち込む・泣く

アメリカ・オクラホマ州で数週間ほど前、常識では考えられない年齢の少女が赤ちゃんを出産した。病院の連絡を受けた警察が、ただちに捜査を行ったことをFacebookで明らかにしている。『Fox23 News』など海外メディアが報じた。



 

 

■12歳の少女が出産

オクラホマ州のタルサ警察が7月29日、12歳の女の子が赤ちゃんを妊娠・出産したことに絡む事件について、Facebookに投稿した。

こうした低年齢での妊娠・出産は、ほぼ全例が性的暴行被害によるものと考えられている。そこで出産があったヒルクレスト・サウス病院から連絡を受け、タルサ警察は少女に近い大人たちについて調査をスタートさせたという。


関連記事:12歳女児が出産し「赤ちゃんは俺の子」と主張 24歳の“交際相手”が性的暴行で起訴

 

■誰もが「母親は何をしていた」

月経が止まり、お腹が徐々に大きくなっていく少女は、なぜ病院に連れて行ってもらえなかったのか。低年齢での出産という衝撃的な事実にも、なぜ家族は警察に性犯罪被害を訴えなかったのか。誰もが抱いた疑問を、タルサ警察はさっそく母親のデジリー・カスタネーダに向けている。

デジリーはスーパーマーケット『ウォルマート』でパートタイマーとして働いており、少女の父親とはすでに破局。フアン・ミランダ=ハラという24歳の男と新たに交際していたことがわかった。

次ページ
■男は関係をSNSで自慢
母親SNS恋人性犯罪強姦レイプ交際相手性的暴行ネグレクト性的虐待翻訳記事ベビーシャワー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング




生きてない