妹の盾になり猛犬に顔面を裂かれた兄 無償治療した医師にも「英雄」と称賛

「お兄ちゃんだから当たり前」。大けがを負うも、そう語った男の子に、医師も胸を打たれた。

2021/08/08 05:30

医者・患者・少年

犬に襲われかけた妹を見て、「絶対に死なせない」「僕が代わりに…」と決意し盾になった男の子。その結果、顔には大きな裂傷ができ、今もその傷は残ったままだ。

この勇気ある男の子を救いたいと思った医師が、無償で診察・治療をしたいと申し出たこと、そして男の子の今について、『New York Post』などアメリカのメディアが伝えている。



 

■90針以上を縫う大惨事

昨年のこと、アメリカ・ワイオミング州で暮らすブリッジャー・ウォーカーくん(7)の妹に犬がいきなり襲いかかった。すぐに気づいたブリッジャーくんは、迷うことなく妹の前に立ちはだかって身代わりに。頬は大きく裂け、90針以上縫う手術を受けるはめになった。

とても痛い思いをしたはずだが、ブリッジャーくんは弱音を吐かず、それどころか「誰かが死ぬくらいなら、僕が死のうと思いました」と発言し、多くの人を感動させた。


関連記事:鼻を噛みちぎった元保護犬を安楽死に 悲しみとある事実を乗り越えた男性が再建手術へ

 

■「兄として当然」と語った男の子

ブリッジャーくんの顔に大きな傷が残ったことを両親は気にし、「どうにかして消したい?」と聞いたことがあるという。

するとブリッジャーくんは「全部は消えないほうがいい」「僕はお兄ちゃんとして当たり前のことをしただけだもん」と答え、傷を恥じてはいなかったが、赤く盛り上がった大きな傷を見ると、両親はたまらない気持ちになったようだ。

そこで複数の医師に相談したものの、「こんなにひどい傷をきれいに治すことは困難だ」とさじを投げられたという。

次ページ
■有名人と医師からの善意
無料医師ヒーロー手術無償治療傷跡善意英雄翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング