元恋人の性的画像を関係者80人超に送信 偽アカでのリベンジポルノに実刑判決

男は投獄されたが、女性の気持ちは晴れない。性的な写真をシェアしたことを、今はひどく悔やんでいるという。

2021/08/10 20:00


 

 

■「テロのような精神的拷問」

2020年12月に有罪答弁を行っていたマクガイア被告について、7月30日、ついに裁判が開かれた。法廷で判事は、その卑劣で陰湿な犯行を「女性に対する精神的な拷問、テロにも等しい」と断罪。刑期満了後に保護観察3年がつく、懲役10年の実刑判決を言い渡した。

また、裁判費用を含め日本円にして164万円を罰金として、さらに被害者女性への賠償金として、192万円を支払うよう命じている。


関連記事:養女を5年にわたり1000回近くも強姦 性的犯罪を繰り返す男の判決に注目集まる

 

■画像を80人が閲覧か

マクガイア被告はこの事件で、被害者女性の名を用いたFacebookの偽アカウントから、家族、友人、知人、同僚、上司ほか、なんと80人を超える人々に「友達リクエスト」を送っていた。

別れた途端に交際相手が豹変する、これは大変怖いことだ。卑怯なリベンジポルノに泣いた被害者は、たとえ加害者が投獄されても、失ったものの多さや悔しさから気持ちが晴れることはないという。

そうならないためにも、交際相手に自分の性的な写真を安易にあげない、撮影させないことが自身を守る方法ではないだろうか。

・合わせて読みたい→20代美人講師が3歳娘の前で男子高校生と肉体関係 法廷でもあきれた供述を連発

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

→最大60%OFF Kindle本ビジネス書キャンペーン 対象2,000冊以上!

Facebook画像リベンジポルノストーカーオンライン偽アカウント友達リクエスト翻訳記事サイバーストーキング精神的拷問
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング