母親の年金だけが頼りだった50代娘 ミイラ化した遺体を隠し詐欺罪などで逮捕

厚生労働省の社会・援護局は、「まずは地元の『ひきこもり地域支援センター』に相談を」と呼び掛けている。

2021/08/10 18:45

老婆

アメリカでこのほど、ミイラ化した母親の遺体を自宅に隠していた50代の娘が逮捕された。母親が受給している障害者年金だけが頼りだったことを、『KIRO 7 News』『WREG News3』ほか多数のメディアが伝えている。



 

■息子が「母親が行方不明に」

アメリカ・アーカンソー州のリンカーン市で、母親の死亡を役所などに届け出ることなく、遺体を自宅に隠し続けていたジーニー・パイクという54歳の女が警察に逮捕された。

ジーニーの兄が先月下旬、警察に「しばらく母親の姿が確認できない。一緒に暮らしている妹に安否を尋ねたところ返答がおかしい」と相談し、事件は発覚した。


関連記事:23歳男が妊娠中の恋人を殺害し逃走 死体遺棄を手伝った女友達が先に逮捕へ

 

■母親は障害者年金の受給者

グロリアさんは障害者年金を受給しながら暮らしていたといい、ステージ4の乳がんを患っていたにもかかわらず、通院は途絶えていた。

娘のジーニーがそのお金を頼りに生活していたという話に、警察は母親の銀行口座について最近の入出金状況を確認。すると7月27日に市内のディスカウントストアでお金が引き出されており、防犯カメラはジーニーのそんな姿を捉えていた。

次ページ
■2020年の新聞紙で遺体を包む

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

厚生労働省年金死体遺棄不正受給乳がん通院死体損壊遺体ミイラ詐欺罪銀行口座翻訳記事地域支援センターひきこもり地域支援センター障害者年金8050問題
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング