エアコンの電気代を節約 8割以上の人がこの機能を使わず損している可能性も…

何かと気になる夏場の冷房代。節約するためのポイントは…。

2021/08/10 05:00

エアコン

家計を圧迫する原因になりがちな夏場の冷房代。快適さは保った上で、なるべくなら安く済ませたいものだ。


画像をもっと見る

 

■5割以上が「冷房代の節約を意識」

しらべぇ編集部が全国10〜60代を対象に実施した調査では、全体の54.7%が「夏場の冷房代の節約を意識している」と回答。じつに半数以上が冷房代に頭を悩ませていることになる。

冷房代の節約を意識している人の割合

すでにさまざまな節電方法を実践している人も多いだろうが、復習の意味を込めて、編集部が昨年配信した記事を元に方法を振り返っていきたい。


関連記事:節電のためエアコンの室外機カバーを自作 1年後発覚した衝撃の真実が話題

 

■グッズを使って節電

陽射しが当たる窓の外には「すだれ」「よしず」を設置するのが効果的。熱を遮断することによって部屋の温度上昇が抑えられるため、エアコンの温度を必要以上に下げる必要がなくなり節電につながる。

「すだれ」「よしず」を使わない場合は、カーテンやブラインドなどで日光を遮ることも重要だ。選ぶ際は、黒系の色よりも、光と赤外線を反射してくれる白系のほうが効果的だという。遮光タイプのカーテンも効果的だ。夏の間だけ白系の色のカーテンに変えてみてもよいかもしれない。

次ページ
■8割以上の人が使っていない機能も…

まだまだ続く残暑にエアコンを買い換えるなら要チェック【Amazon】

お金節約調査エアコン冷房ダイキンカーテン室外機
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング