宮根誠司、野々村真とのやり取りから感じた「新型コロナの怖さ」に声震わせる

新型コロナに感染し入院中の野々村真とは30年来の友人であり、陽性と診断されてから連絡を取っていたという宮根誠司。生放送中に時折声を震わせながら、いま起きている深刻な問題についても訴えた。

2021/08/11 05:30

宮根誠司

10日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、番組司会の宮根誠司が、新型コロナウイルスに感染して現在入院中のタレント・野々村真とのLINEや電話でのやり取りを明かした。



 

■先月30日から連絡を取っていた

野々村は、仕事関係者が陽性と診断されたため検査を受けたところ、先月30日に陽性と判明。同日夜から38℃の発熱があったが、保健所からは自宅療養を指示された。

その後、翌日から40℃の高熱が出た他、今月4日には(正常値は99~96とされる)血中酸素飽和度が90まで低下し救急に連絡するも、救急車が到着したときには96まで回復したため、搬送が見送られる。


関連記事:『バイキング』坂上忍、野々村真の発言に「はあ!?」 スタジオも驚き

 

■入院できた時点で「肺が真っ白」

野々村は翌5日に入院するも、そのときには「肺が真っ白」で重度の肺炎であることが判明。6日には血中酸素飽和度が急激に低下し、酸素マスクや心電図を装着。現在も動けない状態が続いているという。

野々村とは30年来の友人である宮根は、先月30日からメールやLINE、電話などで毎日連絡を取っていたと言い、「経験したことのない頭痛」「体の痛み」といった症状も訴えていたと明かす。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■ワクチン接種を目前に控えていた
テレビ肺炎宮根誠司情報ライブミヤネ屋野々村真新型コロナウイルス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング