多摩川の河川敷で火がついたままBBQやり逃げ 「爆風が吹いていた」と目撃情報も

「あれだけの量を故意に捨てていくのは悪質。不法投棄に対して取り締まりを強化してほしい」と目撃者。

話題

2021/08/11 10:00

多摩川バーベキュー

東京都では9日、温帯低気圧の影響から午後午後3時15分に、最大瞬間風速21.2メートルの強い風を観測した。その頃、多摩川河川敷でバーベキューを行っていたグループが、炭に火がついた状態でやり逃げし、煙があがった。しらべぇ取材班は、目撃者から詳しく話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■炭は赤く燃えたまま

現場は箱根駅伝でおなじみの六郷橋(東京都大田区)の高架下付近。9日午後3~4時頃にかけてワイワイ騒いでいたグループが、立ち去ろうとした瞬間に風でバーベキューコンロが転倒。しかし、片付けずにそのまま逃げた。

多摩川バーベキュー

コンロの炭は赤く燃えたままで、食べかけのとうもろこしもそのままの状態。目撃者は、グループの放置したクーラーボックスで多摩川の水をくんで消火した。近くには広大な雑木林があり、付近に燃え広がることを強く懸念したためだという。


関連記事:国内最大の遊水地の火災で消防12台以上が出動 目撃者に現場の状況を聞いた

 

■参加者は10名以上

「あれだけの量を故意に捨てていくのは悪質。マナー向上を呼びかけても、もともと悪意があるなら不可能なので、不法投棄に対して取り締まりを強化してほしい」と目撃者は訴える。今回の参加者は10名以上おり、年代は20~30代くらいで1~2歳の子供連れもいたそうだ

多摩川バーベキュー

このグループが使っていた車両のナンバーを控えて、最寄りの蒲田警察署に通報したという。


■管理者は内容を調査する

東京都は河川敷でのバーベキューでは、騒音や煙が近隣住民の迷惑になる恐れがあるとして、近隣の環境に配慮しごみは必ず持ち帰るように呼びかけている。

多摩川バーベキュー

河川を管理する京浜河川事務所は、しらべぇ編集部の取材に対して「内容を調査し、できるところについては対応していく」と述べた。

・合わせて読みたい→横浜市の国道沿い店舗で火災・消防32台出動 目撃者は「以前は熱帯魚店だった」

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(4枚)