『酒のツマミ』千鳥ノブ、占い師に占ってもらったら… まさかの結果に衝撃

8月13日の『人志松本の酒のツマミになる話』。かつて千鳥・ノブが特別に占ってもらった際、驚きの結果が…?

2021/08/12 15:00

人志松本の酒のツマミになる話

13日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に松本人志と千鳥(大悟、ノブ)が出演。ゲストには片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、菊池桃子、長州力、中岡創一(ロッチ)が登場する。


画像をもっと見る

 

■「24時間じゃ足りない」と菊池

人志松本の酒のツマミになる話

菊池は、「1日があと2時間増えたらなにをしますか?」と問いかける。芸能活動と大学客員教授の仕事を両立させるために「24時間じゃ足りないんです」という菊池は、増えた2時間をあることに費やしたいのだと語る。

また、片寄は「2、3時間増えたら…」としばらく考えた後、「普通なら近所迷惑になる時間」にやってみたいことがあると明かす。その意外な内容に松本は大笑いし、中岡は「優しい!」と驚く。そんな中、長州は「僕は(時間が)増えても変わらないですね」と言い、その少しさみしい理由を語って笑いを誘う。


関連記事:大悟、10年前の妻との約束に感動の声 スタジオからも「いいエピソード」

 

■占い師の鑑定結果に衝撃

人志松本の酒のツマミになる話

さらに、ノブは「皆さんは“占い”を信じますか?」と切り出す。以前ノブは後輩芸人から、なかなか予約の取れない占い師を紹介され、特別に占ってもらったことがあるという。

しかしその際、その占い師が出した衝撃の鑑定結果に、「占いを信じるのをやめようと思った」と語り、笑いが起こった。


■「奇跡の水」をもらって…

また「ちょうど今迷っていることがあって」という中岡は、以前ロケ先で出会った謎のおじさんに「“奇跡の水”をもらって、それがいま家にあるんです」と明かす。

中岡はその水の効能が気になるものの「飲むのは怖いから…」と思ったそうで、ある方法で水の効能を確かめたと語る。体を張ったその検証方法に一同は大爆笑し、ノブは「4コママンガか!?」とつっこむ。

その他にも、長州が“プロレス人生で一番ひどい目にあった試合”、ノブの“20年間先延ばしにし続けていること”といった話題も。お酒を飲みながらのトークだからこそ飛び出すゲストたちの本音トークに注目だ。

・合わせて読みたい→『ツマミになる話』矢部浩之、松本人志に言われた言葉に「あれ何やったんですか?」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

テレビフジテレビ松本人志中岡創一千鳥長州力ノブ大悟菊池桃子片寄涼太人志松本の酒のツマミになる話
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング