ナジャ、コロナ自宅療養の不安と「大事なこと」を力説 小池都知事には苦言

新型コロナウイルス感染による療養から復帰したナジャ・グランディーバが、自宅療養中の不安や「大事だと感じたこと」を力説。小池百合子都知事の政策には、苦言も。

2021/08/12 23:50

小池百合子

12日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)に、新型コロナウイルス感染のため休養していたナジャグランディーバが出演。自身の経験を語るとともに、小池百合子都知事のコロナ対策について苦言を呈した。



 

■コロナから復帰

新型コロナウイルス感染から復帰したナジャ。ふかわりょうや小山慶一郎から祝福を受けると「なかなかのしんどさでしたよ。本当に皆さん気をつけてください。キツイから」と話す。

そして隔週コメンテーターの梅沢富美男が代役として出演していたことに触れ、「梅沢さんの勢いのある感じは出せないんで、30%くらいでいいですか」と笑わせる。ナジャの元気な様子に、ふかわは「安心しますね」と声をかけた。


関連記事:梅沢富美男、菅首相と小池都知事のコロナ対応に苦言 「何か説明しないと」

 

■小池都知事のコロナ対策に苦言

番組は中盤、東京都で新型コロナウイルスに感染した30代の男性が、自宅療養中に死亡したニュースを取り上げる。小池百合子都知事が「若い人も基本的なことを守って」と呼びかけていることが紹介された。

ふかわから経験者として「負担のない範囲で」と意見を求められたナジャは「医療現場が逼迫して、入院したい人もできない状態のなかで30代の方で亡くなったというニュースがあったんですけど、小池さんが普通になんか淡々と話題を話している感じを見てると、『いや、なんとかしてあげてよ』って、普通に淡々と話すのであればって思うんですよね」と語った。

次ページ
■自宅療養の不安を口に

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

ふかわりょう小池百合子バラいろダンディ小山慶一郎ナジャ・グランディーバ療養新型コロナウイルス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング