宗教学校のカーペットを汚し… 8歳男児が「冒涜罪」で起訴され暴動に発展

騒動をきっかけに、少年が暮らしていた地域ではイスラム教徒が暴徒化して寺院を急襲。火を放つなどした。

2021/08/13 06:40

少年・落ち込む・泣く・絶望

パキスタンでこのたび、8歳の少年が宗教を冒涜(ぼうとく)したとして起訴された。両親の姿も見えなくなっており、精神的に未熟な8歳児に対し、そこまでする必要が果たしてあるのかと、波紋を広げている。

裁判にかけられる年齢として、パキスタンでは最年少となることを『NEW YORK POST』『The Guardian』などが報じている。



 

■宗教書が並ぶ図書館で…

パキスタンで今、パンジャブ州ラヒムヤルカーン地区に家族とともに暮らしていた8歳の少年が、被告人として法廷に臨むことを求められている。

少年は、ヒンドゥー教徒のためのマドラサと呼ばれる宗教学校に通っていた。職員たちは警察に「神聖なる宗教書が並ぶ図書館で、少年による許しがたい冒涜行為があった」などと説明しているという。


関連記事:コロナ陽性を隠すため陰性の妻に扮し飛行機に 身勝手すぎる男を起訴へ

 

■人権活動家が動き出す

少年は、図書館のカーペットを自分の尿で汚していた。我慢を続けた末の「おもらし」だとは認められず、職員たちは意図的な放尿だと判断していた。

少年の身柄が拘禁されて1週間ほどになるが、現地メディアは「それと同時に家族の姿も見えなくなっている」と報じている。第三者により安全な場所でかくまわれている可能性が高いといい、海外の人権活動家が今、少年の起訴を取り下げるよう各方面に求める活動に入っている。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
■イスラム教徒が暴徒化
学校裁判イスラム教おもらし図書館ヒンドゥー教パキスタンコミュニティ起訴迫害翻訳記事宗教マイノリティ宗教書パンジャブ州マドラサ人権活動家冒涜罪
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング