上白石萌歌、強い体の原点に「自転車通学」? 血まみれで登校した過去も告白

高校時代、だいぶワイルドな“チャリ通”派だったと明かした女優・上白石萌歌。そこで培った体力で過酷ロケを乗り切ったとも…。

上白石萌歌

上白石萌音の妹で女優の上白石萌歌が14日、東京・新宿で行われた映画『子供はわかってあげない』完成披露上映会に出演。

炎天下でのロケを無事乗り越えた要因に、過去の「自転車通学」を挙げた。


画像をもっと見る

 

■水泳部所属の女子高生役

子供はわかってあげない

漫画家・田島列島氏が描いた同タイトル漫画作品が原作の『子供はわかってあげない』。

上白石演じる高校2年の水泳部女子・美波は、細田佳央太演じる書道部男子・もじくんとの運命の出会いをきっかけに、幼い頃に別れた父親(豊川悦司)の居所を探し当てる。何やら怪しげな父に戸惑いながらも、海辺の町で夏休みを一緒に過ごすが…。

子供はわかってあげない

沖田修一監督が描くそんな笑いあり涙ありのハートウォーミングな青春ストーリーを、美波の母役・斉藤由貴、もじくんの兄役・千葉雄大ら、実力派俳優・女優たちが盛り上げる(8月20日より全国ロードショー)。


関連記事:大原優乃、同郷の旧友・上白石萌歌に涙される? 「いろんなことを思い出して」

 

■「そばばっか食べてると…」

上白石萌歌

可憐な浴衣姿で舞台挨拶に登場した上白石。

「元々、沖田監督のファン。何回かオーディションを重ねて出演となったのですが、最初は好きな食べ物とか、水泳経験とかそんなお話だけしたのを覚えています!」と、キャスティング決定までの経緯を語ると、「そうでしたね。そばが好きで、そばばっか食べてるとか言ってましたね(笑)」と、沖田監督が懐かしそうにオーディション時の裏話を明かした。

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

次ページ
■体を張る演技が続き…
映画高校生水泳斉藤由貴舞台挨拶上白石萌歌細田佳央太田島列島沖田修一子供はわかってあげない
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング