城田優、『TOKYO MER』鈴木亮平の命運握る役で出演 空白の一年の秘密は…

城田優が『TOKYO MER』に出演し、主人公の空白の1年に関わる重要な役どころを演じる。

2021/08/15 21:54

TOKYO MER

俳優・城田優が日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』に出演し、チームの存亡を左右する主人公・喜多見の空白の1年に関わる役を演じる。



 

■緊急救命車が舞台のドラマ

TOKYO MER

同ドラマは鈴木亮平主演の救命医療ドラマ。「TOKYO MER」のMERとはモバイル・エマージェンシー・ルームの略で、最新医療機器と手術室を搭載した大型車両で、危険な重大事故・災害・事件現場に駆け付けいち早く緊急処置を施す。

一人も死者を出さないことが「TOKYO MER」に課されたミッション。

鈴木が演じる主人公・喜多見幸太は「TOKYO MER」のチーフドクターで、驚異的な救命技術を持つ凄腕の救命救急医。「待ってるだけじゃ、助けられない命がある」という強い信念で、危険な現場でも自らの命を顧みず勇猛果敢に突き進む。

共演に、医系技官の音羽尚(賀来賢人)、循環器外科の研修医とMERチーム兼務の弦巻比奈(中条あやみ)、菜々緒仲里依紗石田ゆり子など豪華俳優陣が共演。


関連記事:佐藤栞里、ドラマ『TOKYO MER』で主人公の最愛の妹に スタッフは演技に感嘆

 

■世界的なテロ組織が政府に無謀な要求

TOKYO MER

同ドラマはこれまで「TOKYO MER」メンバーの成長とチームの結束が描かれてきたが、第7話からは心象として新たな展開を迎える。喜多見の秘密、経歴の空白の1年に何があったのか明かされ、その秘密を巡り「TOKYO MER」が揺れ、ドラマは一気に加速し展開。

喜多見の空白の1年を追うキーパーソンとして、公安部の課長・月島しずか(稲森いずみ)が登場。そして喜多見に近づく謎の男、エリオット・椿(城田優)も登場し、物語が大きく動き出す。

清掃会社での集団食中毒事件にMERが出動すると、現場には不法就労の外国人労働者と多くの警察官。救助中に起きた爆発事故で大勢の負傷者が出てしまう。裏では世界的なテロ組織・LP9が政府に無謀な要求をつきつけており、政府は対応に苦慮していた。

次ページ
■テロ組織の椿と喜多見の約束

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

菜々緒賀来賢人鈴木亮平城田優石田ゆり子仲里依紗稲森いずみ中条あやみTOKYO MER~走る緊急救命室~喜多見幸太音羽尚弦巻比奈月島しずかエリオット・椿
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング