旅客機内で13歳少年が大暴れ 粘着テープで拘束する対応に賛否両論

母親に襲いかかり、窓を思い切りキック。そんな少年の暴走を、客室乗務員たちは許さなかった。

2021/08/16 10:30

飛行機・旅客機・機内

機内で少年がいきなり暴れ、大声をあげ始めたとしたら…。異常事態発生に気づいた客室乗務員たちの対応、そして少年のその後について、『TMZ』『New York Post』などアメリカのメディアが詳しく報じている。



 

■機内で暴れだした少年

先日の午後12時44分に、ハワイのマウイ島にある空港から、ロサンゼルスに向かう旅客機が飛び立った。しかし離陸から約1時間が経過したころに、乗客のひとりが騒ぎ始めたという。

その客は13歳の少年で、一緒に乗っていた母親と口論に。逆上した少年は母親に殴りかかり、さらには窓を思い切り蹴るなどして、他の乗客たちを動揺させた。


関連記事:10代少年が離陸寸前の機内でいたずら写真送信 全乗客と乗員が避難する事態に

 

■客室乗務員たちの機転

騒ぎに気づいた乗客2名、そして客室乗務員たちは、力を合わせて少年の動きを封じることにした。客たちは暴れる少年を座席に押さえつけ、その間に男性客室乗務員が粘着力の強いダクトテープを用意。それを少年の体に何度も巻きつけ、どうにか暴走を食い止めたのだという。

勇気ある乗客たちと機転の利く客室乗務員のおかげで、被害者が出ることはなかったが、機長はこのとんでもない騒動のせいで、ある決断を迫られた。

次ページ
■少年は身柄確保へ

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

母親飛行機ケンカ息子空港客室乗務員騒動機内口論粘着テープ旅客機翻訳記事ダクトテープ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング