養豚場に無断侵入したビーガン活動家 飛び蹴りで追い払われるも同情の声は少数

完全菜食主義者らに男性がブチ切れ、背後からキックするなどして追い払った。

2021/08/16 19:30

養豚場・豚

「“動物虐待”の様子をキャッチして世間にさらしてやろう」と考え敷地に入ったビーガン活動家に、養豚家が激怒。すさまじいキレ方をとらえた動画が公開されたこと、また逮捕者が出たことを、『The Mirror』など海外メディアが報じている。



 

■ビーガン活動家らが出没

7月31日のこと、イギリス・ヨークシャーにある養豚場に、ビーガン活動家の集団が足を踏み入れた。

「豚がどのような環境に置かれているかを暴きたい」。そう考えた彼らは撮影の準備をして現場に入ったが、それに気づいた養豚家が「一人残らず出ていけ」と怒鳴りつけ、血相を変えて飛びかかった。


関連記事:ビーガン女性の過激な抗議活動 子羊の死骸をカートに乗せスーパーの精肉売り場へ

 

■ブチギレで飛び蹴りも

ビーガン活動家に向かって駆け出した養豚家は、そのまま勢いをつけて飛び上がり背中をキック。「2分以内に立ち去らなければ、銃でおまえら全員を撃ってやる」などと叫びながら暴れたため、活動家たちはほどなくしてその場をあとにした。

しかし同集団はこの日の様子を収めた動画を、「温和な人間をこのように扱うのですから、罪のない生き物をどう扱うか想像してみてください」「ビーガンでない人たちは、こういう人間にお金を支払っているのです」という文章とともに、SNSで次々と公開した。

次ページ
■逮捕者も出る騒ぎに
動画SNS逮捕ビーガン批判飛び蹴り活動家養豚場翻訳記事養豚家無断侵入
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング