全農が紹介の新レシピ「ミニトマトの焼きびたし」 一晩たったら味がしみて…

「つけだれはお好みで選んでもらえばいいが、一番ラクなのはめんつゆ」と担当者。

2021/08/16 18:25

ミニトマトの焼きびたし

北海道壮瞥町(そうべつちょう)の農園では、たわわに実ったミニトマト狩り30分食べ放題がシーズンを迎えている。新型コロナウイルス感染予防のため、予約制だが25種類ある食べ比べを8月末まで楽しめるという。この季節、全農広報部が「ミニトマトの焼きびたし」をオススメ中だ。


画像をもっと見る

 

■案外パクパク食べられる

全農広報部は公式アカウントで「野菜売り場でミニトマトの大容量パックを見て『食べ切れないかも…』と躊躇(ちゅうちょ)してるかた!焼きびたしにすると案外ぱくぱく食べられます」と投稿。


さらに、「焼き目が付くまで焼いたらつけだれへ。ナスやししとうは3時間くらいで味がしみる印象ですが、ミニトマトはしみこみにくいのか、一晩待ったら味しみじゅわ〜でした!」とアドバイスした。


関連記事:西友の「マッサマンカレー」が超激ウマ “ちょい足し”でお店の味に

 

■一番ラクなのはめんつゆ

広報担当はしらべぇ編集部の取材に対して、「つけだれはお好みで選んでもらえばいいが、一番ラクなのはめんつゆ。2倍濃縮タイプは2倍に、3倍濃縮タイプは3倍に薄めて使うのがコツ」と述べた。焼くことで皮が破れて、タレがしみやすくなるという。

ミニトマトの焼きびたし

農林水産省によると、2019年のミニトマト出荷量全国1位は熊本県3万6,500トンで、第2位の北海道1万5,100トンの倍以上。JA熊本市によると、県内ではほとんどがハウス栽培だという。


■がん予防にも最適

担当者は、選びかたについて「ヘタは緑色が濃く果実に光沢があるものが新鮮で、赤みが強いものが糖度がある」とアドバイス。品種については「小鈴(こすず)」がオススメで、糖度が高く、野菜というよりフルーツ感覚で食べられるという。

ビタミン・クエン酸・リコピンが豊富に含まれており、がんを抑制する作用が認められ、ガン予防にも最適。また、クエン酸は疲労回復にも効果があり、老化防止(動脈硬化など)にも効果を発揮するそうだ。

・合わせて読みたい→セブンの新作サンドイッチ 割ってみたら「とんでもないボリューム」だった

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

北海道がん熊本県クエン酸リコピンビタミン農林水産省全農ミニトマト
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング