小児性犯罪者を化学的に去勢 「手術で切断し再犯を防げ」と賛同の声噴出

子供たちを襲ったとして、去勢されることになった受刑者たち。その心境は…。

2021/08/17 18:30

メス・手術

性犯罪で逮捕された男たちに対し、「服役だけでは再犯は防げない」と考えた当局は、去勢もやむを得ないと判断した。実際に薬で去勢された受刑者たち、そして医療関係者の話を、『Daily Mail Online』などの海外メディアが報じている。



 

 

■性犯罪者を去勢処分に

カザフスタンで暮らす複数の受刑者が、化学的に去勢されているという。彼らは小児性愛者で、抵抗しきれない子供たち・未成年に対する性犯罪を起こし、有罪判決を受けている。

定期的に注射で薬物を投与されているこの受刑者たちは、刑期を終えた後も長期間に渡って注射を打たれるとのこと。徹底した再犯防止策に、受刑者たちはさまざまな思いを抱いている。


関連記事:強姦未遂事件で被害者の親族が報復 男性器を切断し豚の餌に…

 

■弱音・不満を連発も…

テレビで心境を語る機会を与えられた彼らは、それぞれの思いを告白した。

「このような方法は体に悪い」「いずれ健康にも悪影響が出るに決まっています」「こんなことはやめてほしい」と肩を落とす者もいれば、「あのような犯行に及び、今は申し訳ない気持ちでいっぱいです」「あんな犯罪に走ってはいけないことを、僕の例で示したい」と言う人もいた。

また化学的去勢で性行為ができなくなったことを嘆く者もおり、「有罪だと認めたのに、なぜこんな目にあわされるのか」と悔しそうに語る受刑者も。これらはメディアキャンペーンとして放映されたもので、性犯罪の防止に役立つことを当局は願っているという。

次ページ
■同情の声は少ない

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

健康不満性行為注射性犯罪反省弱音去勢性犯罪者小児性愛者化学的去勢翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング