160kmを22時間以内に走破 ギネス認定員も驚いた最強の女性義足ランナー

女性は1994年のバイク事故の末に左の膝から下を失ったが、義足になっても走ることへの情熱は失われなかったという。

2021/08/17 06:40

義足ランナー

アメリカの女性が、このほど『ギネス世界記録』の認定員の目の前で大変な快挙を成し遂げ、世界一の記録を打ち立てた。「これほどまでに強じんな体を、脚を持つ女性も珍しい」と彼らをうならせた彼女の左脚は、なんと義足だという。



 

■ギネス初登場のカテゴリー

このほど、初めて『ギネス世界記録』に設けられた「ジムのトレッドミル(ランニングマシン)に乗り、22時間以内で100マイル(160km)以上を走る」というカテゴリー。これに挑戦したのは、ニューヨークに暮らすエイミー・パルミエロ=ウィンターズさんだ。

会場となったジムには『ギネス世界記録』の認定員や撮影スタッフが迎えられ、カメラが回るなか、エイミーさんのとてつもない試練が始まった。

【『ギネス世界記録』が22時間で160km以上走った女性をTwitterで紹介】


関連記事:暗算で12桁もの掛け算に正解 自閉症の11歳児が『ギネス世界記録』に

 

■記録は21時間43分29秒

22時間以内で100マイル以上を走り抜くという、エイミーさんの挑戦は見事成功。複数本用意された義足を時おり交換しながら、開始後21時間43分29秒で100マイルを突破。詳細は12日に『ギネス世界記録』の公式HPで明らかにされた。

エイミーさんは子供を育てる母親であり、今月18日に49歳の誕生日を迎える。体力がみなぎる若手ランナーではないことにも驚くばかりだ。

次ページ
■1994年の事故で義足に

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

マラソンアメリカランナーニューヨーク義足バイク事故バラトライアスロン切断ギネス世界記録ウルトラマラソン翻訳記事ウルトラトライアスロンエイミー・パルミエロ=ウィンターズトレッドミルランニングマシン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング