過熱するも市民は冷める横浜市長選挙で珍事連発 全候補取材から見えたものとは

8月8日告示、8月22日投票の横浜市長選挙も折り返し地点を過ぎた。

2021/08/17 10:40

横浜市長選

8月22日、横浜市長選挙の投票日が迫る。8月8日の告示日から連日、取材に入った私はこれまで連絡のついた候補6名の演説を見聞きした。各種メディアの情勢調査では、有力3候補とも有力5候補とも言われている。だが、私は全候補の取材を目指している。なぜか。


画像をもっと見る

 

■泡沫候補などいない

横浜市長選 小此木八郎

8月9日朝7時から青葉台駅で、候補の一人で前国家公安委員長の小此木八郎氏を取材した。そこでご当地選出の三谷英弘衆院議員に話しかけ雑談した。

私が「初日は田中康夫さんを取材し、今日は小此木さんと山中竹春候補を取材。明日は林文子市長を取材します。これで有力4候補をコンプリートできる」と言ったところ、長身の三谷さんは見下ろすかのように「及川さん、出馬している福田峰之さん(前・衆院議員)だって、太田正孝さん(前・横浜市議)だって、有力候補ですよ」と諭した。

つまり、泡沫候補などいないのだ、有力候補と書くのはメディアの不遜である…と言いたかったのだろう。私は「三谷さん、仰るとおりです。みんな供託金を240万円も払って出馬している。」と応じた。


関連記事:候補者乱立の横浜市長選挙 林文子市長と田中康夫元長野県知事の一騎打ちか

 

■政見放送がない

政令指定都市は政見放送がないにも関わらず、市長選挙に出るのに240万円の供託金がかかる。知事選の供託金は300万円だが、NHKと民放の政見放送がつくため、それで知名度をあげようという“愉快犯”が出てくる。

千葉県知事選挙では、「売名目的で出馬した」と公言した候補者もいたが、政令指定都市の市長選挙は違う。そんなわけで私の全候補取材の旅は始まった。

次ページ
■福田峰之候補が激怒
自民党民主党立憲民主党田中康夫松沢成文公明党横浜市長選挙林文子山中竹春小此木八郎投票日告示日三谷英弘福田峰之坪倉良和太田正孝
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング