解散を報告した雨上がり決死隊 ふたりの「温度差」に反響相次ぐ

『アメトーーク!』特別回で雨上がり決死隊が解散を報告。真剣に話す蛍原徹と、笑いに変えようとする宮迫博之の温度差に注目が集まる。

2021/08/17 21:35

宮迫博之・蛍原徹

雨上がり決死隊の宮迫博之と蛍原徹が、17日配信の『アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会』(ABEMA)に出演。解散の経緯を説明する中で、ふたりの「温度差の違い」が反響を呼んでいる。



 

■解散の経緯を説明した蛍原

久しぶりに『アメトーーク!』のセットで対面した雨上がり決死隊のふたり。「コンビで復活したいと思っていた」と当初は考えていた蛍原だったが、YouTube活動に力を入れるようになった宮迫の行動に疑問を抱き、「宮迫さんに対する気持ちにズレが生じてきた」と話す。最終的には、価値観の違いから解散を蛍原が切り出したという。

宮迫のYouTube活動については「応援する」との思いを明かすも、自身が考えるコンビのあり方ではないと複雑な思いを吐露する蛍原の姿に、ネット上では応援する声が相次いだ。


関連記事:雨上がり・蛍原、『アメトーーク』への想い語る 「俺は何もできてないな」

 

■明るく盛り上げようとする宮迫

一方、2年ぶりに『アメトーーク!』に戻ってきた宮迫は、冒頭から「ヤバいです…」「芝居っぽいとか言われるから…」と涙をこらえながら話をする。

その後は解散の経緯について説明する蛍原に「流暢に喋れるようになったね」とツッコミを入れたり、蛍原が「フラれた側がそれは言わない」と宮迫をイジると、「『フラれたほうが』とかはやめてほしいねん。キレイなかわいい人ならフラレてもいいねんけど、(蛍原は)ブスやん?」とイジり返すなど努めて明るくしていた。

自身が久しぶりに同番組に復帰し、それが解散報告という複雑な状況の中で、持ち前の話術で番組を盛り上げた。


■ふたりの「温度差」が話題に

コンビの継続について1年半以上も悩んで覚悟を決めた蛍原、相方に解散を告げられてようやく復帰した『アメトーーク!』で解散を発表する宮迫、どちらもこの収録に対して複雑な思いを抱えていたはず。

「宮迫とホトちゃんの温度差が大きい」「やっぱり2人の間に温度差がある感じ」「時折感じる宮迫の『最後は明るく』に対して蛍原『明るくなんかできるか』っていう温度差」「ホトちゃんと宮迫の温度差とゲストの気まずさがつらい」といった声もみられている。

・合わせて読みたい→『ヒルナンデス』蛍原徹、ロケ先の店で神対応 悪天候で食材が入荷されず…

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

アメトーーク!雨上がり決死隊宮迫博之蛍原徹闇営業Abema
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング