飲酒運転で血中アルコール濃度の史上最高値か 酒豪ばかりの国で驚きの新記録

飲酒運転で事故を起こしても、保険金は支払われない。「大丈夫」など絶対にあり得ないのだ。

2021/08/18 09:30

飲酒運転・酒・車

このたびアメリカのオレゴン州で飲酒運転で逮捕された男が、血中アルコール濃度を測定したところ、かつて見たこともないような高値が記録され、話題になっている。

めっぽうお酒に強いと言われるアメリカの人々。彼らの間でも驚きと同時にあきれる声があがっていることを、イギリスの『Daily Mail』などが報じている。



 

■ひき逃げ事故後に壁に激突

アメリカのオレゴン州に住む28歳のネイサン・ダンズカは今年2月22日、ポートランドから約200km離れたマドラスという街で、ひき逃げ事故を起こしていた。

その後、警察の追跡が始まり、ネイサンはコンクリートの壁に激突して車は大破。身柄確保とともに病院へ搬送されるも、大変な酒臭さで泥酔状態だったという。


関連記事:泥酔状態で川の字に寝て… 生後4ヶ月の乳児が夫婦によって圧死

 

■法定容認基準の9倍

車内からはビールの空き缶が多数見つかり、警察は搬送先の病院でネイサンにアルコール検査を実施。すると血中アルコール濃度は、アメリカの法定容認基準値である0.08%の9倍超という0.778%。ただちに免許停止の手続きに入った。

日本のビールの中瓶1本だと0.02~0.04%になり、0.31~0.40%は泥酔期、0.41%以上は昏睡期と表現され、呼気中アルコール濃度(mg/L)の数値はその血中濃度(%)の約5倍の値になる。

次ページ
■見たこともない新記録
お酒ワインビールアメリカアルコール事故飲酒運転酒気帯び運転ひき逃げ免停血中アルコール濃度翻訳記事新記録法廷容認基準値
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング