過熱する横浜市長選で山中竹春元教授の音声データが公開 陣営に直撃した

横浜市長選に出馬を取りやめた郷原信郎弁護士が山中竹春候補の音声データを公開。山中陣営に見解を聞いた。

政治

2021/08/18 23:30

小此木八郎

22日に投開票が行われる横浜市長選挙が熱くなっている。


画像をもっと見る

 

■石破演説には群衆

17日は前国家公安委員長の小此木八郎候補の陣営に元防衛相の石破茂衆院議員が一日入り、石破見たさに人が大挙した。小此木陣営で話題になっているのは、ポスターとチラシ。「IR取りやめ」の文字にバツ印が付いているのだ。

小此木八郎

これでは「IR取りやめ」がダメという二重否定とも受け止められ、カジノ誘致派が実働部隊になっているために「やはり、小此木はIR賛成か」と思われても仕方あるまい。18日時点でもポスター・チラシは変わっていないため、小此木候補のIRに対する強い意志を感じる。


関連記事:過熱するも市民は冷める横浜市長選挙で珍事連発 全候補取材から見えたものとは

 

■三つ巴の争いか

12日までの大手メディアによる900サンプルの期日前投票出口調査に加え、筆者が日本責任者を務める日仏共同テレビ局『France10』の現場取材に依れば、小此木八郎候補、立憲民主党が推す山中竹春候補、元長野県知事の田中康夫候補の三つ巴になって激しく競い合っている。

田中氏の演説には日に日に集まる人が増えつつある。2000年の長野県知事では大方の予想を覆し、田中氏が当選したことを考えると、政党・団体の支援がなく、しがらみのないウルトラ無党派の田中氏が勝利する……という奇跡もあり得よう。

山中竹春

取材を続けて、書きたいことは山ほどあるのだが、今日は一点に絞って記述したい。

それは、17日昼、YouTubeチャンネルに公開された『【山中竹春氏パワハラ発言音声&文字起こし】郷原信郎の「横浜から日本の権力を斬る!」17』という動画について。18日20時20分時点で再生回数1万8千回を超え、かなりの広がりようだ。

次ページ
■山中候補のパワハラ? 音声が公開

この記事の画像(5枚)