30代男性が車の鍵を飲み込んで窒息死 「なぜそんなものを口に…」と家族も絶句 

警備員は「男性が何を言っているのか意味がわからず、騒々しいので店を出てもらった」と話している。

2021/08/19 20:00

車・鍵・キー

スペイン・バルセロナのスーパーマーケットから出た途端に、バタンと倒れた男性。彼はオランダ人観光客だった。その喉の奥から出てきた物体に誰もが目を疑ったことを、バルセロナの『20minutos』やイギリスの『Mail Online』などが報じている。



 

 

■警備員ともめた後…

騒動は、バルセロナ市のサリア・サンヘルジェルバシ地区にあるショッピングセンターで、5日の午後10時15分頃に起きた。

1人の男性が店内で警備員ともめた後、店を出たところで突然倒れ、通報を受けた救急隊員が現場へ急行。男性は家族とともに夏の休暇でオランダから訪れ、カタルーニャ州の名所を巡っていた37歳の観光客だった。


関連記事:防犯カメラがとらえた恐怖映像 「お祓いするので冷静に」と当局が住民に呼びかけ

 

■車の鍵を吐き出す

誰もが心筋梗塞を疑ったが、それが否定されると、隊員たちは何かが喉に詰まったことによる窒息を疑った。家族、警備員、店員や他の客が見守るなか処置が施され、男性は大きな咳とともにある固形物を吐き出した。

それは、なんと車の鍵だった。ただちに市内のサン・パウ病院に搬送されたが、翌日の午前2時頃に息を引き取ったという。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■誰もオランダ語を理解できず
警察救急車観光客大使館死亡事故窒息死警備員窒息ショッピングセンター誤飲翻訳記事オランダ語
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング